ジブリ映画の分岐点となった『ゲド戦記』

「ゲド戦記」とは、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などの、興行的にも大ヒット作を送り続けている、スタジオジブリ製作のアニメ映画です。2006年に公開され、70億円を超えるヒットとなりましたが、その作品自体の評価とは別の所で、様々な事が話題になりました。

まず、第一に挙げられるのは、監督の交代劇です。長年ヒット作を生み出し続けてきた、宮崎駿さんと高畑勲さんではなく、宮崎駿さんの実の長男である、宮崎吾郎さんの監督就任が発表されました。

この監督交代には、様々な意見がありましたが、その大半を占めていたのが、批判的な意見でした。

表向きには、両監督の高齢化を理由としていましたが、スタジオジブリ内部では、長男が受け継ぐという世襲的な監督就任に不満の声が大きくなっていました。

この内部での確執が、各週刊誌でも報じられ、同時に宮崎親子の確執も発覚しました。原作の「ゲド戦記」の世界観を参考に映画を製作してきた父親の駿さんと、「シュナの旅」への執着を見せた長男の吾郎さんとで、意思の疎通が困難になる事態に発展し、子供達に夢を与えるはずのアニメ映画に、一つの影を落とすことになり、これがスタジオジブリ映画制作の分岐点となりました。

今作以降、宮崎吾郎さんは何作か監督を担当しましたが、駿さんや高畑さんの世界観を望んでいた映画ファンからは批判の的となり、ジブリ映画は、かつてのような100億円を超すような大ヒットに恵まれなくなりました。

映画専門誌などでも酷評された影響で、初放送では必ず高視聴率を記録する、日本テレビの「金曜ロードショー」では思ったほどの視聴率にはならず、以降の放送も低視聴率に終わったため、図らずも、宮崎吾郎新監督への低評価が証明された形となりました。

希望や夢が溢れているはずのアニメ映画のはずが、作品と関係ない所で評価を下げてしまう例となってしまいましたが、以後このようなことがないように、映画製作に集中することが重要です。

Copyright(c) 2016   ジブリ映画の分岐点となった『ゲド戦記』   All Rights Reserved.